港区で根本改善なら「PT麻布十番駅前整骨院」

みなさんお水を毎日飲んでいますか?

コーヒー、お茶、ジュースは飲むけどお水はあまり飲まない。そんな方にも毎日お水を飲もう、身体に大切なんだと思って頂けるようにご説明していきたいと思います。

 

水分が必要不可欠な理由

まず人の身体というのは非常に多くの水分で出来ています。

その割合は年齢や書いてある物によって差はありますが、

子供で70%、成人で60%、ご年配の方で50%もの水分で出来ています。

身体の水分が2%失われると、喉の渇きを感じ運動能力の低下が始まります。

4~5%になると、疲労感や頭痛、めまいなどの脱水症状が現れます。10%以上失われると失神、痙攣、死に至ることもあります。それほど人の体には水分が必要不可欠なものになります。

 

水分の働き

では、水分は身体の中でどんな働きをしているのでしょうか。

一つは血液となり全身に酸素や栄養、ホルモンを運ぶ役割を担っています。また老廃物を運び出し、体の外に排出するという重要な働きもあります。なので水分が不足する事で、血液がドロドロになり、全身に酸素や栄養を送りづらくなり、老廃物を体の溜め込んでしまいます。

全ての病気は酸素欠乏が原因という言葉があるように、お水を飲むことで様々な不調を防ぐ事が出来ます。

 

1日に必要なお水の量

目安の量に関して、2リットルがいい、3リットルがいい、国では1.2リットルが推奨されている、と何がいいのか悩んでしまうと思いますが体重量で目安があります。

 

体重×30mlです。

(例 50kg × 30ml = 1.5リットル)

 

この目安量を1日かけて飲むようにしてみてください。一時間に吸収出来る量にも限度があるので、がぶ飲みはせず1日かけて飲む事も大事になってきます。

また冷たいお水だと吸収率も下がるので常温のお水や白湯がオススメです。

コーヒーやお茶は駄目ですか?お酒なら目安より飲んでます。と良く言われますが、コーヒーやお茶はカフェインが入っているため利尿作用が強く、体から出る量が多くなってしまいます。お酒も同様です。以上の理由からお水を飲むよう心がけていきましょう。

 

目安量をしっかり飲むようになってから疲れにくい、昼間の眠気が無くなった、肌が綺麗になった、痛みが無くなった、体温が上がった、脚がつらなくなった、などなどいい反応が出ている方がたくさんいらっしゃいます。

 

皆さまも少しずつ水を飲む習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

港区で根本改善なら「PT麻布十番駅前整骨院」 PAGETOP